3店舗、そして4店舗目

f:id:kzht:20170515205009j:plain

4店舗目の写真がこちらです。

これはホリスターというアパレルブランドの店員の方達が遊びに来てくれた時です。

店内があまり良くわかりませんね><

 

f:id:kzht:20170515205635j:plain

3店舗目の写真がこちら。

60人くらいはいる大きなところでした。

 

 

売上は年商で1億4千万程となりました。

1店舗で月に大体300万程。

 

2部制で日に10万程の売上です。

 

また、たまにバーに来る客層へリーチしたい企業などから話をいただき、

広告案件などやらせていただくこともありました。

 

ただ順風満帆ということはなく、

毎日様々な問題が起こりました。

 

3店舗目の内装が怪しげな店舗は一番力を入れたのですが、

一番早く閉じることになります。

 

理由としては任せた店長の管理が行き届いておらず、

酔ったお客さんが店から出て路上で騒ぎを起こしてしまったからです。

飲んでいた店にも責任があるということで、

店のオーナーにも迷惑をかけてしまい、最終的には閉じることになります。

 

こういった事象は予測できそうですが、なかなか予測できるものではなく、

計算に含まれない出来事です。

予算計画等ある中で、さらに人員を増やして万全の状態であり、

ある程度投資をしてお酒の在庫などを豊富に取り揃えたばかりのときに、

こういったことが起きるので大ダメージです。

 

メンバーからの信頼がなくなることも心苦しかったのを覚えています。

メンバーからするとなぜ急に店が無くなるんだと。

理由が理由でも自分には関係ないじゃないかと。

そう思う気持ちはとても理解できますし、自分のせいだと感じておりました。

 

 

 

ただ、

そんな中でもついてきてくれるメンバーもいまして、

どういった人なのかというとそれはそこに至るまでにしっかりと時間を共にし、

過ごしてきていた人でした。

 

遊んでいる日も含めて毎日歌舞伎町にいる日々でしたが、

家族みたいに毎日顔を合わせて、ご飯を食べたり、仕事の話をしたり、

ボーリングをしたりとそうやって過ごしていた仲間は決して裏切ることはありませんでした。

 

 

人のマネジメントは全ての管理職にいる方々の課題だと思います。

1つだけコツがあるとしたら、

マネジメントしようと思って関わるのではなく、

「家族」として「仲間」として同じ時間を過ごすことが大切なのだと思います。

 

人数が増えてきたときどうするかというと、

トップにいる人が同じ時間を過ごせるのが8人だとすると、

その8人がまたそれぞれ8人と濃い時間を過ごすのです。

 

トップの人間の考えは100%ではないですが、伝わっていきます。

ただその8人の誰かと100%意思疎通できなくなるとそこから崩れていくことも事実です。

 

今振り返るとちゃんとこうしておけばよかったなと思う点がいくつもありました。

ただこうして振り返りができて、

次に生かせるのであれば次は同じ失敗をせずに進めるはずです。

同じ失敗をしないように意識したいと思います。

 

 

ちなみに失敗を1つあげると、

「出来て当たり前と思って任せっぱなしにしない」です。

成長するかと思いきや、信頼度が下がっていくことがあります。

要所要所で声をかけてどんな具合なのか探ることが大事です。

 

 

 

長いようで短かったバーの経営も終わりを迎え、

就職をすることになります。

 

友人にお願いをし、

引き継ぎを終えて退くこととなりました。

 

次回は自分が何故就職を選んだのか。

そのあたりを書いてみようと思います。

 

ご覧いただきありがとうございました。