失恋編

失恋(しつれん)

とは、恋する相手への気持ちが成就しないこと。また、恋愛が何らかの形で終止符を打たれることである。その形は様々だが、多くの人は、深い悲しみとショックに陥る。

 

このブログを書きながら聴いている曲、今回はコチラです。

 

高校時代、好きだった女の子が彼氏に振られた際に聴いていた曲を、

同じ気持ちになるべく自分も何百回とリピートしていたら好きになってしまった曲です。

youtu.be

 

高校の頃の失恋話です。

 

高校は田舎だったので1時間や30分に一回来る電車に乗って通学していました。

電車は様々な高校の様々な学年の女子高生が集まってくるので、

高校1年の頃から可愛い子を見つけたらその高校の友人伝いにアドレスを聞いたり、紹介してもらったり、声をかけたりして、そんなことに一喜一憂する毎日でした。

 

高校3年の頃です。

電車に乗っていると、右斜め前方に非常に可愛い子が座っていました。

とりあえず制服でどこの高校か確認はしてその日は過ぎました。

 

またある日友達とワイワイしながら電車に乗っているその子を見つけました。

気になりつつも、またしてもその日は過ぎました。

 

 

そんなことが2週間くらい続いたある日、地元の仲の良い友人から、

こんな感じの見た目の「れいみちゃん」って子がお前のアドレス知りたいって。

と教えてくれました。

 

その「れいみちゃん」はまさにいつも気になっていたあの子だったのです。

 

すぐにまずはメールで連絡を取ることにして、

次に会えるタイミングを心待ちにしていました。

そして遂にいつもの電車で「れいみちゃん」に会うことができ、初めて声をかけました。

 

「れいみだよね?メールありがと!」

くらいしか何故か恥ずかしくて声がかけられなかった覚えがあります。

 

 

そしてその日から連絡が来なくなりました。

初対面の挨拶の何がいけなかったのか。。。

 

卒業を迎えたので会うこともなく、

今でも謎に包まれたままです。

 

是非このブログを見ていたらワケを教えて欲しいです。

 

 

今回はここまで。

ご覧いただきありがとうございました。